魅力广西:外教眼中最美的地方(安藤美奈)

広西チワン族自治区には桂林、陽朔をはじめ、龍勝、三江など日本のガイドブックで紹介されている観光地がいくつかあるが、私が広西に来て訪れた中で最も印象に残っている場所は「巴馬瑤族自治県」である。巴馬は日本のガイドブックには載っておらず、つまり日本人にはまだ知名度の低い所と言えるが、昨年広西政府の招待によって訪れるチャンスをいただいた。行くまでは名前も聞いたことのない場所だったが、行ってみると、すっかりその虜になってしまった。
        まず印象的だったことは空気と水がきれいなことである。しかも、それらはきれいなだけでなく、空気はマイナスイオンが高く、水は体にいい弱アルカリ性ということで、「空気」「水」といった人間が生存する上で最も重要不可欠なものが素晴らしい条件を備えている。その上、冬は暖かく夏は涼しいという恵まれた気候で、この町は「世界で五番目の長寿の郷」であるということにも大いに頷けた。また、さらに驚いたことは長寿博物館で拝見した100歳以上のご老人の方々のパネル写真で、どの方も皆100歳とは思えないぐらい肌のしわが少なく、ここの水がいかに良質であるかということが窺えた。さらに驚くべきことは、この方々が眼鏡をかけず機織するなど、今もなお現役で働いているということである。中国北方からも巴馬に長期滞在に来る人が多いという話を聞いたが、こんなに空気も水もおいしく健康にいい所なら、長期滞在したくなる気持ちもわかる。

 

 そして次に印象に残っているのは「三門海」の神秘的なカルスト湖である。今まで目にしたことのない青緑色の水、いくつも連なる洞窟、暗闇の洞窟を進むと前方に見える光、洞窟の上からぶら下がるたくさんの鍾乳石。これら全てが調和して、まるで物語の中にいるような幻想的な世界に足を踏み入れているような感覚に包まれた。

 

 

译文:

我心目中的广西魅力城镇

安藤美奈

广西壮族自治区有着诸多有名的旅游观光胜地,桂林、阳朔自不不必说,此外还有龙胜、三江等为数众多的旅游胜地,这些在日本出版的观光指南中也常被提及。可来到广西后给我留下最深刻印象的地方是——巴马瑶族自治县。
       此前在日本的各种读物中并未看到关于巴马的介绍,也就是说,在日本而言,巴马并未广为人知。去年应广西政府之邀,我有幸得到了去拜访巴马的机会。尽管去那之前它还是个连名字都没听说过的地方,但到了那后,我完全被它征服了。
       首先,令我印象深刻的就是那纯净的空气和清澈的河水。但是,那儿的空气和水不仅仅是洁净,空气中还含有大量的负离子,水源则更是天然弱碱性的健康水,众所周知,空气和水,是人们赖以生存中最重要、最不可或缺的两样东西,这就让巴马具备了绝佳的生存条件。不仅如此,更加上巴马那冬暖夏凉的得天独厚的气候,这座小镇被誉为“世界五大长寿之乡”也让我心服首肯。还有,让我吃惊的是在长寿博物馆里见到的百岁老人们的油画像,看着他们肌肤上寥寥无几的皱纹让我很难想象他们都是上百岁的老人,也足可见那儿水质的上乘。巴马的老人们在织布等劳作时居然连老花眼镜都不用戴,且至今仍然劳作,这更让我惊叹不已。听说从中国北方来巴马定居的人很多,想想这儿是个拥有质量上乘且无污染的空气和水源的健康长寿之地,那种想在巴马定居的心情也可想而知。
       其次令我印象深刻的就是那拥有神秘的喀斯特地质的湖——三门海。那里有我至今为止没见过的碧水微澜,还有那别有洞天,曲径通幽的溶洞,在幽深的溶洞中前行,看着前方微弱的光,溶洞中满是垂吊着的钟乳石。它们全都如此和谐,让我感觉像是踏入了故事里有的梦幻世界。